朝から働ける風俗ってあるの?

需要がある昼間の風俗

朝の風俗で働くメリット

昼の時間帯でしか勤務できない女性

風俗で働く女性の多くは夜に勤務しています。
しかし、少数であるけれども何らかの理由で昼間だけしか勤務できない女性もいます。

日中の風俗は料金が安く、待ち時間も短いので一部の人に人気があります。
日中は夜ほど忙しくはないので、プロっぽい風俗嬢がすくないため、素人っぽさを求めた客が多いです。
そんな客を狙って朝から営業する風俗が増えました。
また、夜の風俗ですと、人気の嬢は予約をしなければならないことが多いですが、夜キャンセルになった人気の風俗嬢を指名できるチャンスがあります。

日中の風俗は人妻やフリーターが多いようです。
旦那や彼氏にバレないように風俗をしているケースもあります。
バレた場合は自己責任ですが、バレないように協力してくれる風俗店も多いです。

夜と朝の収入の違い

日中の風俗はサービス料金が安いです。
だからといって嬢の給料が安いわけではありません。

日中は集客がよくないので、店側が料金を安くしている場合が多いです。
夜のように風俗を求める人が少ないからです。
特に店舗型の風俗は、立地の関係で集客が難しくなります。
デリバリー型の風俗ですと、集客は立地に関係しないので需要次第です。

デリバリー型の場合ですと、夜や昼でも客単位の給料はあまりかわらない店が多いようです。
しかし、日中は新規の客の入りが少ないので、常連の客を掴むことが重要になってきます。
日中の客は狙ってその時間に来店している事が多いので、常連になる客が多いようです。
ちなみに、男性側の料金は朝、昼、夜の順で高くなります。


この記事をシェアする